主催者プロフィール

Takumi(仙田巧)のプロフィール

プロフィール日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート 2013年取得 認定番号9822
・フードコーディネーター:祐成フードコーディネータースクール卒業(2012年)
・ワインスクール講師

 

 

 

ワイン&フードコーディネーターで仕事をしようと思ったきっかけ

食べることが何よりも好きなのでフードコーディネーターの資格を取りました。
仕事上で必要になりワインエキスパートも取得しました(けっこう難しかった)。

資格を持っているということとスキルは関係ないですが、「料理とワイン」という一番好きで得意な分野で人の役に立つことを自分の考えでやろうと考えました

何をしていいかわからないモヤモヤ期

大殺界という単語をご存知でしょうか?

殺界(さっかい)は六星占術で、よくないとされる運気の流れ。殺界は星人ごとに違う。占命盤で殺界にあてはまるのは、以下の5つの運気。

  • 健弱(小殺界)
  • 乱気(中殺界)
  • 陰影(大殺界)
  • 停止(大殺界)
  • 減退(大殺界)

特に、陰影・停止・減退は何を始めるにも何をやるにもよくないとされる大殺界であり、小殺界や中殺界と異なり、3年(または3か月、3日)継続する。停止の前後の年月日は特に注意して慎重に行動するべきとされる。また十干で生まれ年や星回りが逆の位置にあると宿命大殺界として、最も注意しなければならない時期に入る。
出展:ウィキペディアより引用

現在も活躍されている細木先生が昔テレビで「あんた死ぬわよ」と言ってらっしゃったのを思い出します。
にしても3年間も運が悪い時期が続くなんて・・・長すぎです。。。

僕は信者ではありませんが厄年的なものはあるかと思います。

そんな僕も2013年に殺界に突入しました、3年間の低迷期突入です。

確かに大殺界というレベルだけあります。
仕事していてもモヤモヤです、「この仕事誰かの役に立つのか?」など余計なことを考えてしまったりとにかく身が入らない。
極めつけは10年ぶりくらいにインフルエンザにかかるという不運ぶり。(個人的には仕事休めてラッキーでした)

とにかく仕事における不満足度が振り切れている状態が四六時中続いているという状態です。

転機

そんなモヤモヤ期に取得したワインエキスパートです。
ちなみにエキスパート試験は筆記の1次試験とテイスティングの2次試験があります。

2次試験が終わった段階で「これは受かったな」と確信していたので(答えが公表になる前に)ワイン関連のイベントに行ってやろうと画策しました。すぐさま検索です。

するとEnjoyWineというイベントがありました。

このEnjoyWineはワインを飲みながら様々な方と交流しようという趣旨のパーティーです。
ほぼ毎週都内各地のレストランでに行われていて30名~100名ほどの規模でわいわい楽しんでいます。

参加者は主催の知人ではなくHPで募集するので毎回来る人が変わります(当然常連さんもいます)

(詳しく知りたい方はこちら(初めての方へ)をチェック)

僕が参加したのはイタリアワインの会かなんかで六本木の隠れ家イタリアンで行われていました。

そこではレストランで注文すると5000~10000円くらいもするワインが10種類もあり2時間飲み放題だったのです(ワインで飲み放題というと雰囲気出ませんね・・・)。

その会に参加したときの感動は忘れられません。

僕はそのとき「お手伝い側ならたくさんワインを勉強できるのでは?」と閃きました。

すぐさまお手伝いに応募しました。

出会うことのないような方々と都内各地のレストランに赴いて毎回いろんなワインをサーブできる経験は今までなかったので本当に楽しかったです。

 

1年ほどお手伝いに参加していましたがある日、

「主催でワイン会やってみない?」

と提案をしていただきました。

僕は二つ返事で「いいですね!やりましょう!」と返答します。

モヤモヤの毎日に少しずつ光が差し込んできました。

そして現在

引き受けたワイン会では「和食とワインの会」と称し毎月30名様ほど参加していただいています。
この会はおかげさまで2年間以上続けられているので700名様近い方にワインと和食を楽しんでいただくことができました。この会は今でも好評で毎月行っています。

また2016年から始動したワインスクールでも講師をさせていただき300名様程を相手に講義をさせていただきました。
講義後のアンケートでは「次は〇〇の講義をやってほしい!」「わかりやすかった!楽しかった!」などの評価も得ることができました。

そんな折気づきました

「大殺界終わるじゃないか」

そうです3年間の長い低迷期を抜け2017年は好調へと向かいます。
これ以上のタイミングはありません。
このタイミングなら細木先生に死の宣告はされないのです。

準備は万端。

僕が提供するサービスでは、これを約束します

小難しいワインの知識は二の次にして食事を幸せにするお手伝いを提供します。

家に帰ってコンビニ弁当より暖かい手作りのご飯のほうが嬉しいし美味しいですよね?
またそんなご飯を自分で作ることができれば日々の生活も充実しますよね?

僕はそこにワインという要素もつけ加えて
‘美味しい料理が食べれてしかも一緒にワインも楽しめる’
という体験を提供します。

ご結婚されている方はご家庭で奥様やご主人にワイン付きの食事を作ってあげることができます。
家に帰ってそんな素敵なコンセプトのご飯が出てきたら嬉しいですよね?
されていない方も自分で作る食事や外食が楽しみになるはずです。

・ワインと食事をもっと簡単に楽しみたい
・ワインの選び方が分からない
・ワインと食事を難しい知識がなくても楽しみたい
・一人でご飯を食べていて楽しくない

そんな悩みを持ったさまざまな方の悩みや疑問を一緒に解決していきます。

そんな「毎日の食事を幸せにするお手伝い」を僕は提供します

僕の目的

「家族規模の世界平和に貢献する」

というのが僕の目的です。

もっとわかりやすく言うと「食事で家族平和を維持・向上させてほしい」というのが僕の願いです。

少しネガティブな言い回しになりますが家庭の食事を充実させることができれば
離婚率をもっと減らせると思うのです。

両親が仲良さそうに晩酌をしている姿を子供はよく見ています。
「ご飯食べてるときお父さんとお母さん仲良いなぁ」
みたいに。。。

子供にとっては家庭が世界です。
その世界を紡いで平和を繋げていくことは今後の日本、ひいては世界を形作っていくことに
繋がっていくのではないでしょうか?

そんな平和な家庭を増やして明るい日本を造る一助を担っていくというのが僕の目標です。

僕のプチ情報(プチではなくなってしまいましたが)

■1985年6月20日生まれA型ふたご座。

■両手の手相がヘンテコ。
しかしながら少し自慢・・・下のやつを見てみて下さい
ますかけ線の見方
出展:手相占いで未来診断

両手共にますかけ線の方には滅多にお目にかかれません。

ますかけ線の手相線を持つ方は、強情で融通の利かない人と見られることもしばしばありますが、 危機的状況で底力を発揮し、とてつもない予想外の行動を起こすこともあります。
歴史上の人物では、有名な織田信長、豊臣秀吉、徳川家康は3人ともますかけ線だったようです。 また、有名人では、イチロー、手塚治虫、福山雅治、小澤征爾、明石家さんまなど、特殊な才能に長けた方にますかけ線を持つ方が多いのがこの手相線の特徴的です。

出展:手相占いで未来診断

■神奈川県相模原市で小学校5年生までくらいまで育ちました
→30歳まで町田に住んでいました
→神奈川県川崎市に現在住んでいます。

二子玉川近いので「どこ住んでるの?」と聞かれたら「ニコタマ近辺ですね」と答えます。

■31歳で結婚。奥さんも同い年です

■性格:天才ではないけど秀才だと誰かに言われてすごい嬉しいです。

■趣味:
●読書
①週刊少年ジャンプは毎週欠かさず購入します。気に入ったイラストは切り抜いて保存します。
②ビジネス本:本屋さんに行くと5千円分くらいは買います。毎日何かしらの本が家に届くくらいです。
③ワイン関連:すごい好きです。無駄に買います。

●ゲーム
①モンスターハンター:狂ったようにのめり込むことができます。新婚旅行で妻が激怒しました。
②数独:エキスパートモードをタイムアタックするのが好きです。

●アニメ
好きそうなものは大体録画してチェックしてます。
サザエさんとドラゴンボールは毎週録画しています

●料理
割と何でもつくります。得意料理は?と聞かれるのが一番困りますね。

■苦手なもの(割りとあります)
・雨:一番の憎しみを向けています
・重力:絶対に勝てない感がなんか鼻につくのです
・無駄な権力
・寒さ:鶏がらボディなので耐えることが困難です
・早起き:「できないのではなく、しないのですよ」と奥さんには言っています
・写真:撮られるのはいいけどに笑うことできないのです(なのでイラストで登場させてます)

最後に

僕の思いはひとつです

「食事で家庭の世界平和を維持・向上させたい」

そのための手段として一番得意なワインと食事を切り口に貢献する

ワインと料理のことなら何でも気軽にお問い合わせください。